開発事例

共同開発(2)竜田揚げで町おこし

共同開発2メイン

 

 

宝醤油は業務用調味料メーカーですが、

液体調味料だけでなく、粉体調味料においても、たいへん高評をいただいております。

 

竜田揚げの本場、奈良県斑鳩町にて始まった“竜田揚げ上げプロジェクト”の中で、

地元量販店様が企画した商品開発で、宝醤油が漬込みのたれと、ブレッダー粉の開発を行いました。

 

 

 

 

「竜田揚げで町おこし。奈良県斑鳩町とは?」

 


 

 

から揚げの兄弟のような存在として知られる人気メニューの竜田揚げですが、

その名前の由来はなかなか知られていないのではないでしょうか。

 

奈良県の斑鳩町は、竜田揚げの名前の由来となった、竜田川“が流れる町です。

 

竜田揚げは、魚や肉を醤油やみりん、生姜に漬け込み、片栗粉をまぶして揚げたものを指します。

 

揚げた時に浮かび上がる片栗粉の白色と醤油の赤みを、

紅葉が流れる竜田川に見立てて名付けられたと言われています。

 

旧日本海軍の軽巡洋艦龍田の料理長が小麦粉の代わりに片栗粉を代用したことから、

という説もありますが、この艦名の由来も、竜田川からきています。

 

いずれにしても、斑鳩町と竜田揚げは、昔から深い関係にあるといえます。

 

 

そんな中で、平成25年、商工会青年部の有志により斑鳩町をPRするためのプロジェクトが発足し、
現在は「日本竜田揚げ協会」として、竜田揚げを広める「竜田揚げ上げ↑プロジェクト」を行っています。

 

  

「お客様のご要望に応える味を完成させました」

 

column_tatuta9

 


奈良県に本部を置く量販店様は、創業88周年を前に、記念商品の販売を検討していました。

 

この量販店様と日本竜田揚げ協会様の思惑が一致し、コラボ商品を開発する運びとなりました。

 

開発にあたって、協会様からベンチマークとして提示していただいた見本品は、生姜の風味が強いものでした。

この独特の味を再現するために、何度も打ち合わせを行い、試作を重ねました。

 

宝醤油は、開発部の経験とノウハウによって、味を忠実に再現するのが得意です。

 

しかし、この見本品を忠実に再現した味では、価格設定などの観点から、

店頭での販売が難しいとの結論に至りました。

 

そんな状況でも、

 

「お客様の役に立ちたい。喜んでいただきたい。」

 

これが宝醤油のモットーです。

 

お客様の理想を叶えるために、宝醤油は妥協しません。

一度は別の味でお客様からご了承をいただきましたが、再度、一から原材料の配合を見直しました。

 

こうして、生姜の風味を見事に効かせた竜田揚げが完成しました。

 

 

 

「竜田揚げの本場から、太鼓判を押していただきました」

 

 

column_2tatuta

 

 

量販店様の記念すべき節目と、「斑鳩町をPRしたい」という日本竜田揚げ協会様の想いとのコラボレーション。

そして、味をとことん追求する宝醤油の姿勢から完成した、斑鳩名物竜田揚げ

 

この竜田揚げは、2016年4月、販売となりました。

 

衣からあふれる生姜の辛味は、春の日差しのように、心も体もぽかぽかと温めます。

 

竜田揚げの特有のパリパリ、サクッとした食感とジューシーなお肉、

そしてピリッとした生姜のアクセントのコンビネーションは抜群です。

 

その味は、日本竜田揚げ協会様からも太鼓判を押していただきました。

 

花見のおともや新生活のスタートにもぴったりの元気が出る商品として、

多くの方に楽しんでいただきたい逸品です。

 

 

column_tatuta0

 

 

 

関連記事を見る

開発事例一覧へ