こだわりの商品

から揚げ粉

noimage

 

 

 

「水で溶いて揚げるだけ。昭和のから揚げレボリューション」

 

 

「調味料メーカーなのに、どうしてから揚げ粉を作っているの?」

 

実は、宝醤油とから揚げには、深いつながりがあります。

 

なんと、宝醤油は水溶きから揚げ粉の製造を工業化した、日本で初めての会社なのです。

 

昭和53年。

当時のから揚げ粉といえば、香辛料程度に味付けをする役割のものが中心でした。

その中で、宝醤油のから揚げ粉が他との差を付ける決め手となったのは、粉末醤油です。

 

粉末醤油を使ったから揚げ粉。

この粉を水で溶いたものにお肉を混ぜ込んで揚げるだけで、から揚げがぐんと美味しくなったのです。

下味をつけるためにお肉を醤油に漬けこんだり、生姜をすったりするのが普通だった当時では、革命的でした。

 

「下漬けをしていないお肉が、こんなに美味しいから揚げになるなんて!」

 

簡単な調理で、から揚げのポテンシャルをめいっぱい引き出してくれる、最強のから揚げ粉。

宝醤油は、そんなから揚げ粉を生み出したのです。

 

このから揚げ粉は、現在の商品ラインナップのふっくらタイプにあたります。

当時と変わらない昭和の懐かしい味を守り、パッケージを変えながら販売しているのです。

 

その後、さっくりタイプや、赤みがあり焼き色をきれいに付けてくれる粉など、から揚げ粉商品は増えていきました。

宝醤油の作ったから揚げ粉は、今も全国の鶏肉に美味しい彩りを与えています。

 

 

「豊富なラインナップで広がる、揚げ物の可能性」

 

今では宝醤油の商品の中でも人気のジャンルに成長したから揚げ粉。

水溶きから揚げ粉の他にも、下味をつけて揚げる竜田揚げの粉なども、宝醤油は扱っています。

 

「簡単なのもいいけど、やっぱり揚げ物の下味はしっかり派」

 

そんなお客様のために、下味用の漬け込みたれまでご用意しています。

 

「イカにはこちらのから揚げ粉が合いますよ」

 

粉体調味料をお求めのお客様に、ぴったりの商品を宝醤油から提案することも。

 

そして、揚げ物は揚げたてが一番美味しいものですが、宝醤油のから揚げ粉を使ったから揚げは、冷めても美味しいところも大きなポイントです。

 

これならお弁当のおかずにもできますし、宝醤油のあんかけたれなどに絡めてもとても美味しいのです。

宝醤油のNB商品のたれと粉を組み合わせれば、メニューの幅も無限に広がります。

 

豊富な組み合わせによるメニューの自由度の高さが、お客様に喜ばれています。

 

 

 

「夏のから揚げは潮の香り」

 

 

宝醤油は、お客様のご要望の味を探して全国を巡る中で、地域の素晴らしい特産品に出会うことがあります。

 

瀬戸内海で出会ったのは、淡路島の藻塩。

海藻の旨みをふんだんに含んだまろやかな塩です。

なめると口に広がる香りは、夏のじめじめした空気の中を駆けるさわやかな潮風のようです。

 

「この塩を使えば、夏でも食べたくなる揚げ物が作れるはず」

 

この発想は大正解でした。

 

淡路島の藻塩を使用した“塩から揚げの素”で作られたから揚げは、

宝醤油が普段作っている醤油ベースの粉を使用したものよりも、さらにさっぱりと食べやすい味に仕上がったのです。

 

夏の猛暑を吹き消してくれる“塩から揚げの素”は、大きな好評をいただきました。

 

 

 

「そして日本一の味の再現へ」

 

 

福山市にあるから揚げ専門店様の「瀬戸田レモン塩唐揚げ」という商品が、

日本唐揚げ協会主催の“から揚げグランプリ”塩だれ部門で金賞を受賞しました。

 

「瀬戸田レモン塩唐揚げ」は、下味の玉ねぎや生姜、ニンニクの旨みや甘味の中に、

アクセントの瀬戸田レモンが香る、から揚げです。

 

「もっと美味しいから揚げを作りたい。」

 

宝醤油は、こちらの専門店様に監修をお願いして、コンビニ向け商品の開発もいたしました。

 

宝醤油は今この瞬間も、ときめく美味しさのから揚げ粉を生み出しているのです。

 

あなたの記憶の中に、美味しいから揚げを食べた記憶はありますか。

それは、宝醤油が作った粉のから揚げだったかもしれません。

 

 

 

 

関連記事を見る

こだわりの商品一覧へ